ホワイトニング

オパールエッセンス

江原歯科ではホワイトニング治療として、ホームホワイトニングをおこなっております。
患者様がご自宅でして頂けるホワイトニングとして、「オパールエッセンス10%」を用いています。
オパールエッセンスは、コンポジット充填やベニア、クラウン等セラミック補綴処置前の着色歯に対するシェードチェンジにお勧めです。オパールエッセンスは、先天性、全身性、薬理性、外傷性等の要因や加齢による歯牙内部の変色を効果的に取り除きます。フッ素沈着やテトラサイクリンによる染色にも効果があります。また、オパールエッセンスは粘性が非常に高く、一般のホワイトニングジェルに比べ、トレイから漏れ出ることは少ないです。従って、ソフトタイプのトレイを使用でき、口腔内での着用も不快感がありません。オパールエッセンスでホワイトニングした生活歯は長期にわたってシェードが持続します。

  • •​過酸化尿素10%
  • •医療機器として承認されたホームホワイトニング材(歯科医師により診査後に家庭内で使用します)
  • •粘性が非常に高いので歯面に滞留しやすく、またトレーから漏れ出ることも少ないです。​
  • •無味無臭のレギュラーと使用後「スッキリ」のミント味からお選びいただけます。

オパールエッセンス取扱い説明書はこちら

ホワイトニングの使用方法(当院にて)

STEP1インフォームドコンセント

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントを受け、歯科医師より使用方法、注意事項についての説明を聞きます。

STEP2お口のチェック

お口のチェック

口腔全体の診査と適応症かどうかの診査を受けます。

STEP3歯の色のチェック

歯の色のチェック

歯の色の診査を行います。

STEP4お口の前処置

お口の前処置

歯科医師又は歯科衛生士が、前処置として機械的歯面清掃を行います。

STEP5歯型とり

歯型とり

歯列に適合したカスタムトレーを製作するために、歯型を取ります。

STEP6トレー装着確認

完成したカスタムトレーを受け取り、カスタムトレーの試着を行い、カスタムトレーの装着具合を確認します。

STEP7ご説明

歯科医師よりカスタムトレーへのジェルの付け方など、使用手順の説明を受けます。
注: 試適の際は、適合性を十分に確認してください。

ホワイトニングの使用方法(ご家庭にて・処置を受ける方ご自身で)

STEP1お口の清掃

使用前には、歯ブラシなどで歯面の清掃を行い、十分に水ですすぎます。

STEP2トレーにジェルを注入

歯型とり

シリンジの尖端のキャップを外し、カスタムトレー上の対象歯に一歯ずつ、シリンジからジェルを注入します。
・注入する量は、6 歯合計で、シリンジ半量を最大量とします。
・ジェルの必要量には個人差があります。
・歯科医師が決めた必要量以上は使用しないでください。
・対象歯以外にジェルを付けないでください。

STEP3トレーを装着

歯型とり

カスタムトレーにジェルが適量付いたのを確認後、鏡などを利用して指導を受けた要領で歯にセットします。
・ジェルがはみ出してきたときはティッシュペーパーや脱脂綿等で拭き取ってください。
・カスタムトレーは強くかみすぎないでください。
・装着は1 日1 回、2 時間以内にとどめてください。

STEP4トレーのお手入れ

歯型とり

終了後は、カスタムトレーを慎重に口から取り出して、口を水で十分にすすいでください。
・カスタムトレーは歯ブラシ、水できれいに洗浄し、ティッシュペーパーなどで水分を拭き取って清潔にトレーケース内で保管してください。
・カスタムトレーは歯ブラ シなどで強く擦って傷をつけたり、変形させないようにしてください。
・カスタムトレーの変形を避ける為、温水での洗浄や高温になるところへは置かないでください。

P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTCとは歯科医院で専用の機械を使い、歯の表面の汚れを徹底的に除去する方法です。通常の歯磨きでは取れない歯石やステイン、バイオフィルムなどを除去します。 主に歯周病の予防、メインテナンスとして行いますが、同時に齲蝕予防のためにフッ素塗布などもします。

歯質の強化

研磨用のフッ化物入りペーストにより再石灰化を促進し、歯のエナメル質を強化します。

むし歯の予防

細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎ、むし歯を予防します。また、エナメル質表面へのカルシウム補給を助けます。

歯周病、歯肉炎の改善・予防

歯面から歯肉縁上ならびに歯肉縁下1~3mm(4mm以上の方には外科的処置をご提案する場合があります)のプラークを除去することにより、歯肉の症状を改善します。また歯肉が引き締まってきますので、歯周病、歯肉炎の予防にもつながります。

審美性の向上(歯のクリーニング)

タバコのヤニや茶シブなどの沈着した色素を取り除き、光沢のある本来の歯面に回復します。また、汚れを着きにくくします。

予防歯科

定期健診

歯医者に行くときは「歯が痛くなってから」という方がたくさんいらっしゃると思います。しかし、最近になって「痛くなる前にちゃんと歯医者さんで見てもらう」という考えに変わってきています。毎日の歯みがきで取りきれない細菌やプラーク(歯石)は必ず存在し、歯科で行う定期的な口腔内のクリーニングによって初めて除去が可能となります。
むし歯・歯周病予防に終わりはありません。お年寄りになっても健康的な口元を維持するためにも、定期的なクリーニングで口腔内を清潔に保ちましょう。

定期検診の目的
その1  むし歯や歯周病がないかチェックします。
その2  ブラッシングができているかチェックします。
その3  歯石など自分で除去できない汚れをきれいにします。
その4  歯周病やムシ歯のリスクがある部分に薬剤を塗って守ります。
定期検診の内容
■歯周病検査(X線検査、歯周ポケットの測定、動揺度の検査)
■咬み合わせのチェック
■ブラッシング方法の指導
■クリーニング
■抗菌剤の塗布、フッ素塗布

TEL:06-6533-3456

大阪市西区 江原歯科医院

  • ■所在地
    〒550-0015
    大阪府大阪市西区南堀江1-15-12
  • ■連絡先
    TEL:06-6533-3456
  • ■診療時間
    午前09:00~12:00
    午後14:00~18:30
  • ■最終受付時間
    午前は12:00、午後は18:30
  • ■休診日
    日・祝日(学会等により臨時休診あり)
  • ■備考
    毎週月午前午後、木曜日午後に小児歯科担当の先生が来ています。
    △木曜日午後の診療は18:00まで、土曜日午後の診療は17:00までです。
  • ■診療科目
    一般歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科